幸運のバレンタインデー~アロマで誘う香り~

もうすぐバレンタインデーですね。
日本でのバレンタインデーは、チョコレートの会社の戦略だということは、多くの人が知っていることです。
だけどやっぱり、会社などでは、贈らないとダメなような気がしてしまいます。
しかも、用意していないと、がっかりしている子などがいたり、義理と分かっていても、喜んでくれているのをみると、こちらも嬉しくなるものです。

世界各地でも、聖バレンタインデーは、男女の愛の誓いの日として、様々なかたちで祝われています。

もともとは、ローマ帝国が発祥の地という説があります。
ローマでは、2月14日は、女神ユノ(すべての神の女王で、家庭と結婚の神)の祝日でした。
次の日の2月15日は、豊年を祈願する清めの祭りでもある「ルペルカリア祭」の始まる日でした。
当時の男女は、生活が別々でした。
祭りの前日には、娘たちが紙に名前を書いた札を桶の中に入れることになっていました。
翌日に、男たちは、桶から札を一枚ひきました。
ひいた男と、札に名前のある娘は、祭りの間、パートナーとして一緒にいることが定められていました。
そして、多くのパートナーは、そのまま恋に落ち、結婚しました。

ローマ帝国皇帝のクラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるとして、ローマでの兵士の結婚を禁止したとされています。
ウァレンティヌス(ヴァレンタイン)(殉教者)はこの禁令に背いて、恋人たちの結婚式を執り行ったために、捕らえられました。
監獄にいたとき、看守の召使いの娘は、目が見えなかったのですが、監獄の彼を訪れては説教を聞いていました。
あるとき、娘の目が見えるようになりました。
この奇跡を信じた娘の家族が、キリスト教に転向したため、皇帝は怒って彼を処刑しました。
処刑の前日に、娘に送った手紙には、「あなたのヴァレンタインより」と、署名があったとされます。

処刑の日は、ユノの祭日であり、ルペルカリア祭の前日である、2月14日があえて選ばれました。
ヴァレンティヌスはルペルカリア祭に捧げる生贄(いけにえ)とされたのです。
このため、キリスト教徒にとっても、この日が祭日となり、恋人たちの日となったというのが一般論ということです。

日本のバレンタインデーは、昔は「愛の日」とされて、夫婦間で、手紙などにチョコレートを添えて贈っていたようです。
しかし、なかなか定着せず、日本での定着は難しいという見方もあったようです。
しかし、オイルショック以降に高度経済成長が終焉(しゅうえん)した頃、チョコレートの売り上げが急増しました。
これは、小売り業者の積極的なマーケティングにより、日本の資本主義がほぼ完成し、成熟した消費社会になった時期と重なるそうです。
バレンタインデーにチョコを贈るのも、小学生から高校生、次第に主婦層にも普及しました。
本命チョコを贈る主観が登場してからは、「日本型バレンタインデー」が定着しました。
その後、ホワイトデーと義理チョコが登場しました。
現在では、国民的行事として、愛の告白とは別にも、子供同士、憧れの男性や女性、上司や同僚、女性同士、友達同士など、恋愛感情を伴わない相手にもチョコレートを贈る習慣が定着しています。

ところで、精油には、催淫作用(ロマンティックな気持ちを高め、性欲を高める作用のことです。)を持つものがあります。
アジョワン、イランイラン、シナモン・カッシア、ジンジャー、タイム・サツレオイデス、ペッパー、ベルガモットミント、ローズ、ローズウッドなどです。
魅力的な香りは、昔から使用されてきました。
香りと性の結びつきは、人類が昔から持つ本能です。
植物は、芳香を放ち、昆虫を誘って受粉をします。
動物は、交尾の相手を匂いで探します。
性フェロモンの働きのおかげで、子孫を残すのだとされます。
アジアや東地中海では、太古の昔から、官能の喜びを高める花の香りや、香油、バルサム、香が珍重されていました。
香水も、性的魅力を高めたい欲求を満たします。
ドイツでは、「バラ」が、女性の象徴とされて、媚薬効果を期待されてきました。
東南アジアでは、「バニラ」の香りが、異性を誘うといわれてきました。
このように、香りと恋愛には深い関係があり、「媚薬」として使われてきました。

お部屋でも、このように、媚薬のような香りで過ごしてみるのもいいですね。
そこで選んだのが、

イランイラン 2滴
オレンジ・スィート 3滴
シナモン・カッシア 1滴

これで芳香浴をします。(デフューザー、アロマランプなどで。)

・イランイラン
媚薬的な効果が期待されています。
気分的にも高揚させる働きを持っています。
インドネシアでは、結婚式を挙げたばかりの夫婦のベッドに、イランイランの花を蒔いておく習慣があります。
ヨーロッパの田舎では、新婚初夜に、イランイランの香りをシーツに染みこませておく習慣があるのだそうです。

・オレンジ・スィート
気分を明るく高揚させてくれます。

・シナモン・カッシア
気分を高揚させて、心を明るくさせてくれます。
催淫作用、性的強壮作用、子宮強壮作用などがあり、インポテンスにも期待されます。

Valentine-1

少し、クセのある香りですから、もっと優しい香りがいいな、という人は、ローズウッドオレンジ・スイートの組み合わせなど、いい香りだと思います。
ローズやネロリも素晴らしいですが、値段も素晴らしいので、今回は、手の届きやすい精油を選びました。

催淫作用を持つ精油には、ホルモンバランスを整える作用を持つものもあります。
更年期や、月経前症候群(PMS)や、美肌が期待できるものも多いんです。
ですから、女性には魅力的な香りです。
リラックス効果もありますし、ストレスや不安にも期待ができますので、日常的に使える嬉しい精油です。

香水にもステキな香りがありますが、お部屋で、精油の香りを漂わせて、ムードを出すのもステキですね。
ステキなバレンタインデーを過ごしてくださいね!

 

オレンジ・スィートの精油

オレンジのエピソード

嗅覚のお話~フェロモンをまとう~

 

プラナロム/PRANAROM 精油/プラナロム イランイラン エッセンシャルオイル/プラナロム イランイラン【プラナロム 精油 送料無料】

価格:4,644円
(2016/2/7 00:27時点)
感想(8件)

プラナロム オレンジビター 10ml 【 あす楽 送料無料 】【 プラナロム PRANAROM オレンジ ビター プラナロム エッセンシャルオイル アロマ 精油 アロマオイル プラナロム 精油 プラナロム 】【HLS_DU】

価格:2,268円
(2016/2/7 00:28時点)
感想(1件)

プラナロム/PRANAROM 精油/プラナロム シナモン・カッシア エッセンシャルオイル【プラナロム 精油 送料無料】

価格:2,808円
(2016/2/7 00:29時点)
感想(6件)

〈スポンサーリンク〉