お風呂で冷え性対策~柚子+日本酒で最強です~

ここのところ、寒い日が続いていますね。
冷え性に悩まされている人も多いのではないでしょうか。
なんと、日本人女性の7割が冷え性に悩んでいるそうです。
男性も、手足の冷えの実感がなくても、体の中が冷えている隠れ冷え性の人も含めて、6割もいるそうです。

”冷えは万病のもと”

と昔からいいますが、大きな病のきっかけになってしまいます。

この寒い時期は、熱いお湯に浸かって、あったまりたいですよね。
でも、熱いお風呂に入った瞬間に自律神経にストレスがかかって、血流が悪くなって、体が余計に冷えてしまうそうなんです。
残念なことに、良いと思って熱いお湯に入っていたことが、逆に冷え性の原因になっていたのです。

そもそも人は体を温めるため、血管を拡張・収縮して、血流量を変化させることで、体温調節を行います。
そしてこの血管の動きを司るのが、自律神経です。
しかし、熱いお湯に長く浸かると、自律神経にストレスがかかり、血管が細くなってしまうのだそうです。
すると、体の末端に血液が巡らなくなり、結果、手足が冷えてしまうということなんです。

●温度による体内への影響の違い

湯温 熱め(40℃超)で短時間 ぬるめ(40℃以下)でゆっくり
神経 交感神経優位 副交感神経優位
血圧 上昇 下降
心拍数・脈拍数 促進 緩徐
末梢血管 収縮 拡張
消化液分泌 減少 増加
消化運動 抑制 促進

体を温めるには、熱いお湯ではなく、ちょっとぬるいかなと感じる38℃のお湯に30分程入るのが良いそうです。
ぬるめのお湯だと、自律神経にストレスがかからず、血液が体の末端までいきわたり、体の芯から温まるのだそうです。

冷え対策の場合の、お風呂に入るベストタイミングは、寝る直前、30分以内に入浴するのが、効果的だとされます。

それから女性は特に、半身浴って、体に良いイメージがありますよね。
でも、冷えには、半身浴は逆効果だといわれます。
そのうえ、冷え性に効果的だという、医学的根拠は全くないそうです。
なんともガッカリですね。
体半分冷えているため、タオルをかけると良いといわれ、素直に実行していた人も多いのではないでしょうか。
私もその中のひとりです。
でも、そんなことをするのなら、全部入ったほうがよっぽど良いのだそうです。
そもそも半身浴とは、お年寄りや、心臓に疾患を抱える人のために考えられた入浴法です。
心臓の負担は少ないけれど、冷え性には効果がないとされます。

ということで、冷え性に良い入浴法は、38℃のお湯に30分の全身浴が最適だということになります。
ここで大事なことは、40℃を超えないということです。

40℃を下回っているお風呂に入ると、副交感神経が優位になり、リンパ球が増えて、風邪もひきにくくなります。
全身浴と半身浴の大きな違いは、水圧のかかりかたです。
全身浴は半身浴に比べ、水圧がかかることで、血の巡りが良くなり、温まります。
心臓に戻る血液が増えて、出ていく血液が増えるからより血の巡りが良くなります。
半身浴では、その効果が半減してしまうということです。

●熱いお風呂がダメな理由
40℃を超えたお風呂に入ると、血管がギューッと縮まり、その瞬間は、血圧もあがります。
そのあと血圧は下がりますが、それでずっと血管がひらいてきますし、お湯の吸収もよくなるからだそうです。
お湯の吸収がよいとは、浸透圧の法則のことです。
(濃度の異なった水が同じ濃度になろうとして移動する現象です。
この時、濃度の低いほうが、濃度の高いほうへと移動します。)
人間の体は、血液や内臓があるので、水に比べると体内の濃度が高いのです。
さらに一番風呂で、さら湯なら、なおさら浸透圧がかかり、負担になるとされます。

「一番風呂は馬鹿が入る」

こんなことわざもあるのを聞いたことがありますか?

さら湯は、濃度が低く、体液の濃度とは異なるため、水の移動が過激に行われます。
体内に水が入ると、体の内にある保湿成分が溶け出てしまいます。
水分が表面の細胞に入り込むと、細胞がふやけます。
そのうえ、体を守っているバリア機能である皮脂もセラミドなどの保湿成分も流れてしまうのです。
お風呂の乾燥対策~日本酒でアロマバス~

これを防ぐためには、湯と体の濃度差の少ないお風呂に入るということです。
誰かが入った後のお風呂は、汗や汚れ、垢などの不純物が溶け出ているので、濃度の差が少ないため浸透圧がおこらないので最適です。
とはいえ、人が入った後のお風呂、嫌いな人もいませんか?
私は嫌いです。
一番風呂は馬鹿が入ると言われたとしても、馬鹿で結構!

ofuro-hie-1

馬鹿でも大丈夫!そんなときは、濃度をあげるために、入浴剤を入れればよいのです。

日本では、冬至の寒い時期に柚子風呂に入る習慣があります。
昔の習慣には、感心させられます。
化学的にみても、柚子には血行を促進させて、体を温める作用があります。
体験的に、体を温めることがわかっていたんですね。
柚子の精油に含まれるリモネンは、リラックス効果もがあります。
ただ、冬至などの一日であれば、柚子を丸々使うといいですが、毎回柚子を準備するのは大変です。
そこで、柚子の精油を使います。
日本酒に溶かせば、なお温まります。

●日本酒アロマバス

・日本酒コップ一杯
・柚子の精油 4~5滴

精油は水には溶けにくいので、直接お風呂に入れるのはいけません。
バスオイルや日本酒に精油を入れて、よく混ぜてお風呂に入れます。
敏感肌や肌の弱い人は注意が必要です。

ケンソー バスオイル 200ml (KENSO バスオイル) 【 あす楽 送料無料 】【 プラナロム PRANAROM バスオイル アロマ アロマテラピー kenso ケンソー 健草医学舎 】

価格:2,808円
(2017/8/14 21:18時点)
感想(2件)


 

 
お風呂の乾燥対策~日本酒でアロマバス~

冬至で悪運リセット~幸運の始まりです~



〈スポンサーリンク〉



冬至で悪運リセット~幸運の始まりです~

12月22日は冬至ですね。

天文学的には、1年で日の出の時刻が最も遅い日・日の入りが最も早い日と冬至に日は一致しないようです。
日本では、日の出が最も遅い日は、冬至の約半月後(年明け)だそうです。
日の入りが最も早い日は、冬至の約半月前になるそうです。

日本では、慣習的に、「一年の中で最も昼が短く夜が長い日」として、冬至と呼びます。
冬至には、たくさんの言い伝えがあるようです。

●日本では、冬至にカボチャの煮物を食べる風習があります。
冬至の「と」に因んで、とうなす(カボチャ)、豆腐、唐辛子、ドジョウなどが食べられていたようですが、特にカボチャを食べる風習が全国に残っているようです。
中風(現在でいう脳血管障害の後遺症によるしびれや麻痺のこと)にならず、長生きするとも、栄養をとるためともいわれます。
カボチャは金運を祈るためにも食べられていたようです。

●冬至粥といって、冬至の日の朝に小豆粥を食べます。
小豆粥には、疫病にかからないという言い伝えがあり、体を暖めるためにも食べられたといいます。

●コンニャクは、「体の砂払い」といわれ、体内の悪いものを掃除するといわれていました。

●悪運リセットの日
古代中国では、冬至の日を1年の始まり、太陽の復活の日として暦を読んでいたこともあり、冬至の日はめでたい日とされていました。
冬至は「一陽来復」の日でもあります。
これは、中国の「易経」に出てくる言葉です。
1年で最も太陽の力が弱まる日ですが、以後は再び太陽の力が強くなることから、「一陽来復」と呼ばれます。
転じて悪いことばかり続いたあとでも、ようやく幸運に向かう日とされます。

そしてさらに運がよくなるように、冬至に「ん」のつく食べ物を食べると、幸運が得られるとされていました。
冬至の七種は、「ん」が2つつく食べ物です。
なんきん(カボチャ)、にんじん、れんこん、ぎんなん、きんかん、かんてん、うんどん(うどん)です。
これらを食べると、病気にかからないといわれていました。
「ん」は、いろは四十八文字の最後の文字のため、病気や災いなどの悪いことが終わるようにと、願いも込められているとされます。

他にも、「ん」のつくものを、神棚、玄関にお供えして、聖人(神様)が訪れるのを待つという言い伝えもあるようです。
冬至の日に現れた旅人に食べ物を差し出した老夫婦に、旅人が溢れんばかりの食べ物を置いていったという昔話からのようです。
これを「運盛り」といって、聖人が訪れた家は、食べるものに困らないとされています。

●冬至に天気が良ければ翌年は豊作、冬至に雷が鳴れば翌年は雨が多い、冬至に南風が吹けば翌年は地震・日照り・大雨、冬至に雪が降れば翌年は豊作
などという言い伝えもあったようです。

●柚子湯
江戸の銭湯から、冬至風呂と称して、柚子湯に入るのが流行始めたといわれます。
冬至は「死に一番近い日」といわれ、冬は生命の終わる時期だと考えられていました。
この時期を乗り越えるために、寿命が長く、病気にも強い柚子の木にならって、柚子湯に入り無病息災を祈る風習になったといわれています。
柚子は、実るまでに長い年月がかかるために、長年の苦労が実りますようにという願いもあったとされています。
(桃栗3年柿8年、柚子の大馬鹿18年などとよばれることもあります。)
強い香りで、邪気を払うともいわれていました。
「一陽来復」のために、運を呼び込む前の厄払いをするための禊ぎ(お清め)だともされます。
「融通が効く湯治=柚子が効く冬至」といった、語呂遊びの要素もあったといわれています。

実際にも、柚子湯は風邪予防にも効果が高いとされます。
美肌効果、冷え性、リウマチなどにも効果があるとされます。
新陳代謝を活発にして、血管を拡張し血行を促進してくれます。
柚子に含まれる芳香成分の働きによるものですね。

・柚子湯の入り方
柚子をそのまま浮かべて入るイメージですが、芳香成分を存分に楽しむために、いくつかにカットした柚子を、目の細かいネットに入れてお風呂に浮かべてみてはどうでしょうか。
香りがたち、柚子の芳香成分を楽しめます。
掃除も簡単です。
(柑橘類には肌への刺激がありますので、敏感肌の人は注意は必要です。)

touji

カボチャを食べて、柚子風呂に入って、たくさんの運を呼び込みたいですね。
冬至を逃してしまった!って、
きっと大丈夫です。
日の入りが最も早い日や、日の出が最も遅い日には、前後半月のズレがあります。
煤払いを済ませ、ゆっくりと自分だけの冬至の日を過ごしてみるのもいいのではないでしょうか。

煤払い➡クエン酸水+アロマで掃除~大掃除を楽にするために~

お風呂で冷え性対策~柚子+日本酒で最強です~

〈スポンサーリンク〉



お風呂の乾燥対策~日本酒でアロマバス~

お風呂の中やお風呂上がりに、体があちこち痒いってことありませんか?

”お風呂に入ると、いろんなところが痒くて痒くてたまらないんだけと、これって何?”

と、お悩みの人がいました。hoshitu

”それはね、乾燥してるからだね~”

と、周りにいたみんなが答えました。
お悩みの人は、お風呂は水分補給のようなもので、お風呂上がりには、体は水分たっぷりのはずなのに・・と思っていたようです。

でも実は、お風呂上がりは、ビックリするほど水分が逃げてしまいます。

お湯の中で保湿因子が流れ出るといわれています。
長時間の入浴も、角質が水分を含んで膨張し、角質間に隙間ができ、そこから潤いを守る成分が溶け出してしまうということなので、要注意です。

皮脂は肌を保護する役割もありますから、それを失うことによって、乾燥状態ができあがることになります。

●お風呂で注意すること
・熱すぎるお湯は避けて、なるべく、少しぬるめの湯に浸かるようにします。
・ナイロンタオルでゴシゴシ洗わないようにします。
乾燥状態が続いているようなら、ナイロンタオルを使わないで、手で洗うようにします。
普段から、ナイロンタオルでゴシゴシ洗う習慣のある人は、肌を傷め、黒皮症(メラニン色素が沈着して波打つような黒いシミが出てくる症状)になるといわれています。
手で洗うだけでは物足りないならば、せめてタオルや海綿などで優しく洗う習慣をつけましょう。
(写真は海綿です。乾いた状態ではガサガサしている感じがしますが、濡らすとビックリするほど滑らかな肌触りです。)kaimen
・シャワーの水圧と熱めのお湯は、肌に負担をかけます。
ぬるめのお湯で、優しい水圧でシャワーを浴びるようにします。
・ボディーソープも多く使いすぎると、大事な肌の保護をしてくれている成分まで洗い流すことになります。
少ない量に減らすか、ボディ用の石鹸にかえて、量を使いすぎないようにします。
・保湿効果のある入浴剤を使います。


米ぬかや日本酒もおすすめです。


●お風呂上がりに注意すること
・何より先に保湿します。
・タオルで拭く時は、ゴシゴシ拭かず、押さえるようにして優しく水分を拭きとります。
理想的なのは、お風呂の中に化粧水やクリームを持ち込み、すぐにケアします。
オイルを持ち込み、タオルで拭く前に軽く塗り、タオルで拭き、その後ゆっくりとケアするのでもいいと思います。
それもちょっとな・・・という人は、5分以内に保湿しましょう。

ちなみに私は、お風呂の中には、日本酒を入れるのが好きです。
色々な入浴剤を試してみるのも好きなのですが、日本酒を入れたお風呂が一番温まる気がするからです。
お風呂上がりも温かさが一番持続する気がします。
しかも日本酒は、美白、美肌、保湿などの美容効果もあります。
日本酒だけのときもありますが、たまに精油も入れます。
香りが好きな精油を入れると、リラックス効果も抜群です。
良く使う精油は、収斂作用、皮膚組織再生作用、皮膚弾力回復作用などをもつ、ローズウッドパルマローザです。

●日本酒でアロマバス

・コップ一杯の日本酒
・好みの精油4~5滴

①日本酒に精油を入れてよくかき混ぜます。
(精油はオイルですから水に溶けにくいので、直接お風呂に入れてはいけません。
直接入れると、お風呂の表面に浮いて、肌を刺激します。
バスオイルや塩などのキャリアを使用します。)
②お風呂に入れます。
(柑橘系などの精油の他にも肌に刺激を感じる精油もありますので、少し洗面器に溶かして刺激があるか試してから入りましょう。
特に、敏感肌の人は注意が必要です。)

お風呂上がりにお手入れをするのは、寒いので嫌いなので、全部、お風呂の中で済ませてしまいます。
濡れた状態で、体にはオイルを塗ります。
お風呂上がりの化粧水は冷たいので、お風呂の中でシートパックをします。
シートの上をお風呂で温まった手で押さえながら時間を過ごします。
これは、友達に教えてもらった方法なんですが、一枚づつ入っているシートパックならば、洗面器にお湯をいれ、袋ごと温めて使います。
化粧水は、温かいほうが、肌への浸透も良いといいますから、一石二鳥です!ofuro-kansou

ちょっとしたお手入れの仕方で、肌にかける負担も変わってきます。
毎日のことですから、できるだけ負担を減らしたいですね!

 

アロエとアロマで潤い補給~冬の乾燥肌対策~

お風呂で冷え性対策~柚子+日本酒で最強です~

ケンソー バスオイル 200ml (KENSO バスオイル) 【 あす楽 送料無料 】【 プラナロム PRANAROM バスオイル アロマ アロマテラピー kenso ケンソー 健草医学舎 】

価格:2,808円
(2017/8/14 21:26時点)
感想(2件)

 

天然海綿スポンジ2種の限定お買得セット★ 今なら、さらに専用スポンジトレイをもれなくプレゼント!★【楽ギフ_包装選択】

価格:5,378円
(2016/1/27 00:12時点)
感想(17件)

 

プラナロム/PRANAROM 精油/プラナロム ローズウッド(葉)5ml エッセンシャルオイル【プラナロム 精油 送料無料】

価格:3,024円
(2016/1/26 23:11時点)
感想(9件)


プラナロム パルマローザ 10ml 【 あす楽 送料無料 】【 プラナロム PRANAROM パルマローザ プラナロム エッセンシャルオイル アロマ 精油 アロマオイル プラナロム 精油 プラナロム ケンソー 健草医学舎 送料無料 】【HLS_DU】

価格:3,024円
(2016/1/26 23:11時点)
感想(2件)

プラナロム パルマローザ 10ml (PRANAROM ケモタイプ精油) 【 あす楽 送料無料 】【 プラナロム PRANAROM ケモタイプ 精油 エッセンシャルオイル アロマ アロマオイル ケモタイプ精油 kenso ケンソー 健草医学舎 】

価格:3,024円
(2017/8/14 21:33時点)
感想(2件)



〈スポンサーリンク〉